体力と愛情♡

カッコイイ車,この日はドローンも登場!
気がついたら消費税も10%になり反対する事も無く、受け入れること自体に疑問を感じながらも日々の忙しさに流され生きてるのが少し情けないなと思う今日この頃です。

12月にキャノンで女性フォトグラファーの作品展があるのですが広告、報道、ファッション、スポーツ、ウェディング、ファミリーフォト、写真講師業などフォトグラファーと言ってもジャンルが違うと全く違う仕事なんですね。

モデルさんオーディションする為に東京へ。
私達(kst)は、広告商業になりますが、毎日本当に色々な撮影をしています。

『女性を色っぽく』という内容から『可愛い女の子が使う化粧品のイメージ』『大学病院の手術シーン』『料理のレシピ撮影』『ランジェリー』『学校案内』『会社案内』『生活メーカ商品撮影』『車のイメージ』『警察官お仕事密着』『高齢者の為のサプリ』
とある1ヶ月の撮影内容を見るだけでも本当に様々です。




フードコーディネーターさんが用意、
撮影後はスタッフが美味しくいただきました。 
でも1週間の中で1つの撮影をしながら次の撮影の用意や内容を考えて打ち合わせして
具体的なイメージや機材を用意して決めて行きます。
撮影する内容が違うと準備も違います。

最近は動画も撮影するので更に複雑に。
撮影後の編集も有ります。

今日と明日では寄り添う気持ちが全然違う。
若い女の子の気持ち、60代以上の男性の気持ち、幼児の気持ち・・・
本当は頭の中はパニックです。 

  一緒に仕事してもらうブレーンの方も様々。

結構大がかりガラス2枚越し
商品イメージのスタイリスト、フードスタイリスト、モデルスタイリスト、ヘアメイク、レタッチャー などなど上記の仕事に内容にあわせてスケジュール調整してお願いしてイメージを共有します。

でも同じ事をするより違う内容をする方が好きなんですね〜。

色々なお題を提示されると、単純に 面白そう!やります!って思ってしまいます。
日々言われるのは、愛情を持って撮影する事。

撮影した商品が注目されますように!会社が発展しますように!
その人が幸せになりますように!

これなんだかええ事言い過ぎちゃう〜と思われそうですが、凄く重要。

この気持ちがあれば、大変な事も乗り越えられるんですね。

これ書きながら、言い聞かせています。 時間に流されずじっくり考えろ!って

ところで最近は情報発信はSNSやwebが多くなってきましたが、より色々なコンテンツを必要としています。映像や写真のイメージブランディングはとても効果的だと
実感しますね。











コメント